なるべくやさしく、パソコンお役立ちな話

〜〜〜〜〜〜〜

新しいパソコン、最適な状態で使い始めるために

「新しいパソコン(Windowsパソコン)を買った!初期設定も、添付された説明書と、パソコンに出てくるメッセージにそって、ちゃんとやった!」

それでは、WordやExcelのOfficeのセットアップも忘れていませんね?
たまにそういう方がいらっしゃるので・・・

その分、お金も払っているのですから、Officeをちゃんと使えるようにして下さい。

はい、これでほぼOKです


が、Windowsの更新、まだ残っているかもしれません。
もう一度、「設定」→「Windows Update」で、確認してください。多分まだまだ更新が待っているかと思います。

◆どうぞ、Windows UpdateでWindowsの更新は、しっかりかけて下さい。

「更新プログラムのチェック」のボタンをクリックして、「最新の状態です」と表示が出てくるまで。
「最新の状態です」とWindows Updateの画面を開けた時に出ていても、必ず念のため「更新プログラムのチェック」をクリックして下さい。


そして、最後のワンステップ!


◆パソコンのメーカーが提供している更新があります。これをかけて下さい!

実はこれが一番忘れられがち。

富士通なら、パソコン右下のタスクバー上、または通知領域.jpgマークをクリックして出てくる、「アップデートナビ」マークアップデートナビ.jpgを右クリックして、「富士通へ最新情報を確認」をクリックしてください。

 

ここでは詳しい説明は省かせてもらいますが、あとは、画面に出てきた説明にそって、必要な富士通からの更新をインストールして下さい。

ここまでしなかったために、「パソコンと一緒についてきた無線マウスがうまくつながらない」、とか変なことが起こることがあります。


〜〜〜〜〜〜〜

どうぞ、新しいパソコンを買ったら、必要なセッティングを全てして、最適な状態でお使い下さい!!


※上記、こまかい作業の説明は省かせてもらいました。
パソコンの初期設定をご自分、または誰かに頼んでされるとき、最低、忘れないで行っていただきたいことを挙げさせていただきました。

ばかにならない用紙の設定

Wordっていうと、文書作成専用のワープロのイメージを思い浮かべる方が多いと思います。

確かに文書作成のためのソフトではありますが、

Wordは、日に日に進化していて、特にグラフィック関係の機能がどんどん追加されて来ています。

 

写真に写っている人や物の周りの背景を削除したり、写真の明るさを変えたり、色を変えたり、いろいろなアート効果をつけたり・・・

 

特にイラストの背景の色を透明にしてイラストを際立たせるのは、Wordでよく使う便利な機能です。

 

下の写真は、Wordで、一つの絵にクリスマスツリーを追加して、ツリーの周りの白い色を透明にしたものです。

印刷したら、はじめから1枚の絵だったようにツリーがしっくり映っています。

クリスマスカード普通紙設定

それでは、もう1枚。

もう少しきれいに印刷しようと、同じプリンター、同じ紙に、プリンターの印刷設定(プリンターのプロパティ)だけ変えて印刷してみました。

フォトマット紙設定

ちょっと違いますね。

背景がグレーになった?それから?

 

星まではっきりきれいに印刷されたのに、なんと透明にしたはずのクリスマスツリーの周りが白くなっています!

鮮明に印刷しようとされたために、逆にWordでせっかく透明にしたはずの部分までがはっきり白くなってしまっていたのでした。

 

Wordの機能がまだ到らないのか、プリンターの機能の方が到らないのか・・・

お互いの連携がまだよくできていないということなのでしょう。

 

プリンターの設定、紙の種類、使用されているWordの機能

この組み合わせで、印刷結果はいろいろ変わります。

 

と、いうことで、特に画像(図形も)を入れた文書などを印刷するときには、印刷の設定もいくつか試して、一番、ねらいにあったものにしましょう。

 

ご参考に、今回使用したプリンターは

EpsonのEP-982A3(A3も手差しで印刷できるすぐれもの)

上の写真の印刷設定は、

・用紙の種類 → 普通紙

・印刷品質 → 標準

下の写真の印刷設定は、

・用紙の種類 → フォトマット紙

・印刷品質 → きれい

紙は、カード用のちょっと厚手の紙(上質紙)です。

あなたのパソコン大丈夫? Windows 10にアップグレードしたら? (2022.01.16)

あなたのパソコンいつ買いましたか?

6年前以前(2015年以前)だとすると、パソコンを動かしている基本ソフトがWindows 7かWindows 8かWindows8.1のままかもしれません。

 

Windows7や8だと、マイクロソフトのサポートは既に終了しているので、使っていては危険です!

ウイルスが入ってきたり、リモートから侵入される可能性だってあります。

 

それからWindows 8.1は来年(2023年1月)にマイクロソフトのサポートが終了します。
その後は・・・ やはり、使い続けるのはやめて下さい。

Windows10はあと4年、2025年10月までマイクロソフトのサポートがあります。


マイクロソフトはWindows 7やWindows8、8.1から、Windows 10への無償アップグレードというサービスをしていましたが、2016年に終わりました。

その頃にアップグレードしておけば良かった・・・

と、いうことではあります。

 

でも、実はまだWindows 7やWindows 8と8.1から、Windows 10に入れ替えることができます!!

 

機械の性能がWindows 10には十分でなく、Windows10にアップできても動作は苦しい場合もありますが、性能がある程度ある(目安として、CPUがCore i5程度、メモリ4GB以上→訂正 ディスクがHDDだと、やはり8GB以上ないとつらい 2022.5.7)なら、やってみる価値はあります。新しいパソコンを買うとしても、サブ機としてお使いになることもできます。

 

少し面倒ですが、マイクロソフトがそのためのソフトを提供してくれていますし、その手順の詳しい説明もいくつかの親切なサイトに書かれています。

 

2021年でもWindows10を無料でライセンス認証する方法。 - まず分解。 (mazu-bunkai.com)  

(サイトの名前は「まず分解。」ですが、今回の場合、パソコンを分解する必要はなかったので、ご安心ください。)

 

ご参考に、私がWindows 10にアップグレードしたパソコンは、下記です。

Let‘s note Core i5-2520M、メモリ4GB

メモリは8GBほしいところですが、コンパクトにできているLet’s noteは、メモリの増設が難しそうなので、やめます。

また、Officeについては、今までのデスクトップ版のサポートは期限切れですので、無料のWeb版を使うことにします。

今のところ、順調に動いています。

このパソコンは、これからは新しく買われたパソコンのサブ機として使われる予定です。